イダキフェスタ!

日曜日は『イダキフェスタ』というイベントに行ってきました。
オーストラリアのアーネムランドという地域から「ホワイト・カカトゥ・パフォーミング・グループ」という人たちが来日してツアーを行ってるんですが、今回はそのしょっぱなの東京公演だったわけです。
歌、ダンス、マゴ(ディジュリドゥ)で、アボリジナルの伝統的なパフォーマンスを見せてくれました。
いや~、本当にかっこよかった!
ど迫力でした。
なんであの人達はあんなにかっこいいんだろう?
なんでこんなにゾクゾクするんだろう?
泣けるんだろう?
見るたび、聞くたびに思います。
日本人の私の、いったいどの血がこんなに騒ぐのでしょう?
なんの記憶に繋がっているんでしょう?
もう一グループは、我が師匠が率いる、和楽器とディジュリドゥ(豪州)の融合ユニット「和豪」。
生では初めてだったんですが、こちらもすごい迫力でした。
和楽器とディジュリドゥって合うんだなぁ!
ディジュリドゥ関係のイベントに久しぶりに参加したので、懐かしい人たちにたくさん会えただけでも幸せでした。
ディジュリドゥの仲間はやっぱりいいな。
あまりに嬉しくて、その後の打ち上げでは飲み過ぎ、はしゃぎすぎ。
みんなに迷惑かけて、ふたり揃ってほぼ意識不明のまま帰宅。
翌日がどれだけ大変だったかはご想像にお任せします。
もう酒、やめよ…
aboji039.jpg

前髪切った!

私も美容院に行って来ました。
もちろん、いつもの『RENJISHI』(←今はアルファベットが正式名称なんだそうです。すみませんでしたー)さん。
…って、ふたり揃って美容院ネタばかり書いてるって、よほど他に楽しいことがないのか、この夫婦。
ま、それはさておき。
前の髪型も気に入ってたんですが、なんたって髪が多くて硬くて、おまけにくせが強いため、伸び始めたら収拾がつかないくらい広がっちゃったんですよ。
で、いつもやっていただいてる新井さんと相談した結果、こんな髪型になりました!
久しぶりに前髪作っちゃった。
本当に本当にひっさしぶりの横分けちゃんです。
うほほほ。
でもやっぱりまだこの髪型の自分に慣れなくて、鏡を見るたび、お前は誰だ?! 状態です。
あきおには、すげー目立ってていい! と変な褒められ方されました。
かわいいとか、素敵とかじゃないのかよ。
他にいない、目立ってる、っていうのがあきおにとって一番なんだそうです。
うーん。
とはいえ、本人もすごく気に入ってます。
かっこいいっす。
新井さん、いつもありがとうございます!
そこに新井さんがいてくださって、私は嬉しい!
ところで、前にあきおが日記で描いてた、アシスタントの男の子。
藤原くんとおっしゃるそうですが、あのイラスト、ぜんぜん似てないじゃんよーー。
一体どんな地味で気弱そうな子が出てくるかと思ったら、なんと、爽やかでかわいい系のかっこいい男の子でした!
びっくり。
ごめんね、あんなイラストでご紹介しちゃって。
今ここで訂正させていただきます!!
丁寧で感じがよくて、細やかな気遣いもあって、これからきっと人気者の素敵な美容師さんになれますね。
今はまだいろいろ大変でしょうが、頑張っていただきたいです。
renjishi036.jpg
髪も軽く、赤くなったし。
これでまた元気に頑張ります!
(髪の赤味が消えると元気がなくなる私)

上を向いて歩いてきた

ぶんか社の「ほんわら」こと「本当にあった笑える話」という月刊誌で、あきおが子供の頃の話を連続して描かせていただいてます。
『上を向いて歩いてきた』という漫画で、先日、6話目の原稿があがりました。
今回はあきおが5年生の時にテレビのクイズ番組に出た話です。
どこかで見かけたら、よかったら読んでみてくださいね。
この漫画を描くために、最近、60年代当時の世相や文化を紹介してる本をいろいろ読んでまして。
なんだかすっかり懐かしモードになってます。
考えてみたら、私ももうこの世にいましたからね。
まだかなりチビだったので、実体験として覚えてるわけではないのかもしれませんが、それでもあの当時の空気を吸ってる人間は、体のどこかに染みついてるんだろうな。
今日より明日はもっといい日だ、これからどんどん幸せになっていくんだ、と誰もが信じたあの頃。
引っ込み思案の人見知り、いじめられっこだった私も、それでも明日にはきっと楽しいことがあるはずだと無邪気に思っていた気がします(実は今もそうなので、これは性格かも…)
清貧や異端者、情熱、革命までもが日常にあった時代。
確かに自分も生きていた時代なのに、今思うとなんだか夢物語のような気もします。
でも確かに生きていた証拠に、ありありと思い出すのは、ニオイ。
町中の埃くささ、コールタール、汚れきった川、汲み取り便所、バキュームカーの脇。
空からラジコンで頭上にまかれた農薬、近くの農家の牛小屋、草いきれ。
町中に、生々しいニオイが充満していました。
その中で、息を止め、鼻をつまんで遊んでいた子供たち。
そんな時代の子供の話です。
nikki034.jpg

ダンスのワークショップに行ってきました!

あきおが春スキーでヨタヨタしてる間に、私はダンスのワークショップに行っておりました!
何故私がダンスを? といいますと…
今回は、なんとあの『山海塾』の舞踏手・蝉丸さんのワークショップだったのです!
実は私、三度の飯より、飯の合間のお菓子より山海塾が好きで、日本公演がある度に、仕事も何もかも放り出して追っかけ回してるんです。
中でも、主催者の天児さんは別格として、蝉丸さんのダンスの美しさに心底やられてまして、もはや蝉丸さんの追っかけ状態にもなっておりまして。
蝉丸さんは、毎年夏に富山の山奥で合宿形式のワークショップを一週間ほどやってらっしゃるんですが、もう何度、それに参加しようと思ったことか!
でも、さすがにダンスのダの字も経験が無く、っていうか、毎日机に向かってるだけの究極の運動不足、おまけにすっごい年いっちゃってるこのオバハンが、一週間もダンスのワークショップに参加してどーすんの?? と、珍しく弱気になって自主規制してしまってたんですが…今回、なんと一日だけのワークショップがあるということで!
辛くても一日、根性なくても一日、大恥かいても一日、たった一日! 
と、覚悟を決め、参加してきたわけです。はい。
なんつーか、めちゃめちゃ楽しかったっす。
もちろん、うまくできたわけではないですが、自分なりに自分の体と向き合ってみるという、普段したこともない体験ができて。
自分の体って、実はぜんぜん自分の意のままには動かせないのよね。
感覚もひどく鈍ってるのよね(…私だけ?)
しみじみと、ああ私の体って…(とほほ)、と感じてきたわけです。
っていうか、ミーハーな私にとっては、ワークショップの内容もさることながら、なにより、あの蝉丸さんが目の前で踊って、話してるのを見ていられただけで、もう至福の時間でした!
いやもう本当に素晴らしかった~~。
人間的にも、とっても素敵な人に見えました。
想像してた以上に素敵な人だなぁ、と。
それだけで嬉しかったです。
つーことで、この勢いで今年は夏の富山合宿にも行っちゃおうかと目論んでおります!
あぁ、さすがにそれは無謀でしょうか?!
どーする? どーなるっ?? 私!
それにしても、この二日間、めちゃめちゃ体痛いっす。
階段、降りられませんがな。
ううぅ。
semi.jpg

もう10月?!

早い。
早すぎる。
もう10月だって!
今年ももう終わりが見えてきましたか?
信じらんない。
いったいこの10か月、私はなにをやってきたんでしょう??
なんだかぜんぜん思い出せないんですけど。
切ないです。
こうやって年をとっていくんだなぁ…(嗚呼)

船は出ていく私は残る…

ずいぶんご無沙汰しちゃいました。
えーーと、まだ寒い頃の日記で、船旅します! って書いたんですが…
す、すいません、乗ってません。
体調を崩したことと、仕事のめどがつかなかったために断念しちゃいました。
相変わらず、家でしみったれた顔して仕事してます。
えへへ。
なんか、乗ってると思ってる方たちがいらっしゃるみたいで。
その後の報告をしてなかったので、当然なんですが。
うわーーん、すみません。
お騒がせしました。
ごめんなさい。
それにしても、今の忙しさを考えると、とてもじゃないけど船なんか乗れなかったなぁ、と。
っていうか、なんでそもそもあの時は船に乗れると思ったんだろう?
申し込んだ頃は、ヤケクソになって思考がぶっとんでたとしか考えられません。
今も時々ぶっとぶけどね。
今頃になってご報告とお詫びです。
ペコリ。
ってなわけで、日本にいます。
遊んでやってください。
これからもよろちく。

歩いてます

歩いてます  かよ
またすっかり体調を崩してしまい、しばらく隠遁生活を送っておりました。
家から一歩も外に出ず、ベッドと机を往復するだけの毎日。
ふと気がつくと、家の中をちょっと歩くだけで、息切れと動悸でぶっ倒れてるようなありさまで。
おまけに、幸か不幸か、体調悪いのに食欲だけはあったから、もう見るも無惨なぶよぶよ体型になっちゃってたわけです。
それとね、ぜんぜん動かないでいるうちに、なにやら私の体の中がさぼり切ってるような気がして。
元々低かった血圧はさらに下がる一方だし、どこさわっても脈とれないし、便秘もひどいし、頭がぼ~っとしててなーーんにも考えられないし。
『もしかして今の私、ほぼ死んでる?』
生きながら仏かよ!(違うって)
さすがの私も、こりゃヤバイと。
最近、少しずつ体調が戻ってきたので、慌ててウォーキング始めました。
近所をふらふらしてたら、ジョギングコースのあるこじんまりした公園を発見して、毎晩そこでテコテコ歩いてます。
初日なんて、ちょっと歩いただけで、全身が激しく痒くなって。
今までダラダラ遊んでた血が、相当びっくりして大騒ぎしたんだろうな。
っていうか、日頃からさぼってないでちゃんと流れててくれよ。
ぜんぜん酸素が脳までいってねぇよ。
で、歩き始めたら、なんだか身体が軽くなって体調も徐々に…なんてことはまだないです。
ただ毎日疲れてるだけです。
っていってもまだ歩き始めて一週間だけど。
いつになったら効果が実感できるのかな。
特に贅肉関係!
でもね。
そりゃ私だって、そう簡単に体重減ったりはしないってわかってます。
でもさ、なにもウォーキング始めて体重増えなくたっていいじゃん。
日々、すこーしずつ増えてます。
なぜだーーーーー!
kayonikki004.jpg

髪型、変わりました

今日、東京は雨でした。
昼間は寒かったですね。ほとんど凍死状態でした。
けど雪にならなかったってことは、極寒ではなかったってこと? うそぉ。
夕方になって少し暖かくなって、やっと解凍。
そういえば、髪型、変えました。ちょい前のことですが。
パーマかけて、わしわしくしゃくしゃヘアになりました(くるくるヘアとは言い難い)。
私を知らない方だと、ふーん、で終わってしまう話題でしょうが、長いこと私とおつきあいいただいてる方だと、これ読んでびっくりされてるかもしれません。
なんたってもう10年以上も同じ髪型してたんだもん。
普段アレンジもしないから、いつ見たって同じ髪型。赤いロングのストレート。前髪ぱっつん。
ホントいつ見ても何の変化もない、つまらないヤツだったと思います。ごめんなさい。
なんと今じゃ前髪を真ん中から分けてもいるんですよ! おほほ。
連獅子の新井さん、今回もどうもありがとう。
私のこの強情・性格悪な髪の毛をここまでまとめられるのは新井さんだけです。いやホンマ。
髪型変えたばかりの頃は、あきおにも、「知らない人がいる~」と言われましたが、自分自身でも鏡を見るたびに「お前誰だ!」と叫んでました。
やっと最近慣れましたけど。
とはいえ、この髪型、この季節にはかなり辛いっす。
朝起きたら、髪を濡らしてわしわしさせないと、ただのボサボサですから。
この年齢でボサボサ頭してると本物っぽくてヤバイよね。
ただ、髪を無造作に頭のてっぺんで結わえると、いきなりサドゥーになれちゃうのが嬉しいです。
(嬉しいのか?)
kayo001.jpg

あけましておめでとうございます(…って)

す、すみません。
なんだか、本当にお久しぶりです。
ずいぶんさぼってしまいました。
もちろん忘れてたわけではなく、いつも気にはなっていたんですが。
少し間があいてしまうと、きっかけを失っちゃうんですね。
久しぶりに書くのに、こんな色気のない話でいいんだろうか、とか、
こうなったら大事件があるまで待ってようかとか考えちゃって。
って、言い訳は見苦しいですね。
これからは、気軽にちょこちょこと更新していくつもりです。
これからもどうぞよろしくお願いします。
で。
今日は横浜まで行ってまいりました。
実は秋から一人で船旅をしようと考えてまして、その船の見学会に参加して来たんです。
なんたって、3か月半の長旅のほとんどをその船の中で過ごすわけで、ふだん居住空間にはあまりこだわりがない私も、さすがにどんな船なのか気になったんで。
えーと、部屋は想像以上に狭かったです。
見知らぬ人たちと一緒に寝起きすることになる、いわゆるドミトリーみたいな部屋なんですが(もちろんシングルルームもありますが、高すぎて私には無理)、荷物を置く場所もなさそうで、ちょっと不便そう。
ベッドも、寝ころぶことはできても、上段との間が狭すぎて座ることはできず、でした。
でもま、昼間はどうせ船上をあちこちフラフラしてるんだろうから、そんなんでいいんでしょうけどね。
贅沢は言いますまい。値段の高い部屋は、めっちゃ居心地よさげでしたから。
それにしても、見学してるだけでドキドキしてきちゃいました。
3か月半の船旅ってどんなんだろう?
今まで、夏の神津島へ行く東海汽船と、青函連絡船しか乗ったことのない私には、想像もつかないんですが。
ああ、地球一周! 大海原が私を呼んでいるっ!
えっと、そういう私は乗り物におそろしく弱いんですが…おっきい船って揺れないですよね? 
酔わないですよね? 
えーん、酔わないって誰か言ってーーー。
DSC07353-01.jpg

すごい夜

金曜日に、児童読物作家の山中恒先生の出版記念パーティーに二人で出席してきました。
山中先生は『あばれはっちゃく』『ボクラ少国民』『とべたら本こ』『おれがあいつであいつがおれで』など、誰でも一度は読んだことがあるだろう作品(ものすごい数の!)をお書きになった方です。
あきおが、山中先生の作品のいくつかに挿し絵を描かせていただいたというご縁で、その後もいろいろとお世話になり続け、今回も呼んでいただけたというわけです。ありがとうございました。
先生は数年前に大病なさり、その時はずいぶん大変だったらしいんですが、昨日はビックリするくらいお元気で、ご病気前とちっとも変わってませんでした。それがなにより嬉しかったです。
で、その帰り(っていうかパーティーを抜け出して)、せっかく銀座に来たんだから! と漫画家の石坂啓さんにすんごいライブハウスに連れてっていただきました。
いや、マジにすごかったっす。
なにが凄いって、店内、中年(一部シルバー)パワー大全開!
私よりずっと年上のオジサマ・オバサマ(さらにはもっと上)たちが、あんな踊り狂ってる様はそう滅多に見られるモノじゃないですって。しばし絶句、その後なんかエラク感動しました。
そこはどうやらチェーン店らしく全国にもいっぱいお店があるみたいなんですが、古い曲(50,60,70年代などその日によって違うみたい)を生でガンガンに演奏してくれるんです。
そこには別にダンスフロアがあるわけでもないんですが、それまでテーブルでしっとりお酒を楽しんでいたご年輩の方たちが、演奏が始まるやいなやイスから飛び出してみんなで踊り狂うんです。
ね、想像するだけで凄いでしょ?
で、そういう私も踊りまくってきました。なんたって懐かしい曲ばかりでしたから。へへ。
気がつけば、さすがその昔ディスコ・キングだったあきお、一番前で踊ってました、奇声をあげながら(怖いって・・・)
石坂さんは石坂さんで、奥まったシートでまったり飲んでる人たちを無理矢理立たせて踊らせてるし。
うーん、なんだかすごいぞ、漫画家。
結局、なんと3ステージも踊りまくって帰ってきました。
ヒールの高い靴だったので帰り道は足がガクガクしてました。私としたことが情けない・・・
それにしても楽しかったなー。また行きたいな。
ということで、今度私と一緒に行く人、募集!!
40代以降の人にお勧めしますが、怖いモノ見たさ、もしくは妙に老成した若者でもオーケーかも。
もれなく私とのチークダンスがついてま~す(引くなよー!)
ところで、うちのHPに、これからどんどん作っていくつもりのウェブ漫画のサンプルをアップしました、っていうか既にアップしてます。
よかったらご覧になってみてください。ご感想などBBSに書き込みしていただけるとすごく嬉しいです。
ついでに今後の漫画のことなどについて、私がインタビューされ、しどろもどろになって答えてる様子もアップされてます。恥ずかちいですが、こちらもよろしかったらどうぞ。