「道元の冒険」見て参りました

蜷川さん演出で井上ひさしさん原作の「道元の冒険」をみてきました。
1972年作のこの演劇は岸田戯曲賞もとっていまして、
さすがに構成や言葉遊び等々当時としては最先端だったんだろうとおもいました!!
それにしても、若い頃みてたアングラ劇場の値段からみて最近の演劇は少々お高いのではと思います。
蜷川さんちょっと演出の本数多すぎるんではないでしょうか?
ファンのかたごめんなさい!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください