いまだ原稿発見できず

今日は週刊金曜日という雑誌社に原稿の行方を聞いてみましたが、案の定
原稿がなく、向こうも恐縮とショックであわてた状況でした。
編集にとって作家の原稿をなくすということはかなりの汚点になります。
では、どうしてなくすのかと言えば、編集者が変わったり、退社して
引き継ぎをちゃんとしないことがかなりあり、
結果、残った編集があわてるというなんとも言えない構図ができあがるんです。
実際いい加減な編集はそこにはいなくて、そこに残った本来関係のない
編集が大あわてで探しまくるということになるんです。
ちょっと気の毒ですが、しかたなく現在も探しまくっていただいてるのだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください